FileMaker TIPS

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

スライドコントロールと、ボタンバーを使って、タブコントロール的なことやるのに…

スワイプジェスチャーありにして、スライドコントロール内をスワイプで移動できるようにしたい場合…

ボタンバーセグメントのオブジェクト名をそれぞれ、bar.1、bar.2、アクティブセグメントの計算式を…

“bar.” & GetValue ( Get ( トリガターゲットパネル ) ; 1 )

と設定して、OnPanelSwitch スクリプトトリガをアサインするスクリプトに、[ウインドウの再表示]をさせてやることで、

スワイプジェスチャーでもナビゲーションドットでも、正しいアクティブセグメントが返るように設定していますが…

Fukky の(グローバルフィールドをトリガ的に使えば再描画の類は要らない…という)話で、「じゃあ…グローバルフィールドを使って、アクティブセグメントの計算式は、そのグローバルフィールドを見るように設定して…

フィールド設定(”bar.” & GetValue ( Get ( トリガターゲットパネル ) ; 1 ))するスクリプトを OnPanelSwitch スクリプトトリガにアサインしたら [ウインドウの再表示] とか要らないんじゃね?」

とやってみたらビンゴ。

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

関連記事

  1. 基本的に編集不可にしておきながら、スクリプトで編集可能にする手法…
  2. Upon Opening Hierarchy Upon Opening Hierarchy を読む
  3. Using Utility Scripts | FileMaker Magazine 「編集(変更)させたくないけどコピーはさせたい」場合のD.R.Y…
  4. 「編集(変更)させたくないけどコピーはさせたい」というニーズに対…
  5. スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック…
  6. Unlocking Hidden Error Messages in the ExecuteSQL Function ExecuteSQL のエラーメッセージを取得する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

  1. TCD Google Maps 設定画面 2
  2. Upon Opening Hierarchy
  3. Unlocking Hidden Error Messages in the ExecuteSQL Function

おすすめ記事

  1. 基本的に編集不可にしておきながら、スクリプトで編集可能にする手法
  2. WordPress Plugins : TCD Google Maps TCD Google Maps 設定画面 2
  3. Upon Opening Hierarchy を読む Upon Opening Hierarchy
2018年6月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP