FileMaker TIPS

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

スライドコントロールと、ボタンバーを使って、タブコントロール的なことやるのに…

スワイプジェスチャーありにして、スライドコントロール内をスワイプで移動できるようにしたい場合…

ボタンバーセグメントのオブジェクト名をそれぞれ、bar.1、bar.2、アクティブセグメントの計算式を…

“bar.” & GetValue ( Get ( トリガターゲットパネル ) ; 1 )

と設定して、OnPanelSwitch スクリプトトリガをアサインするスクリプトに、[ウインドウの再表示]をさせてやることで、

スワイプジェスチャーでもナビゲーションドットでも、正しいアクティブセグメントが返るように設定していますが…

Fukky の(グローバルフィールドをトリガ的に使えば再描画の類は要らない…という)話で、「じゃあ…グローバルフィールドを使って、アクティブセグメントの計算式は、そのグローバルフィールドを見るように設定して…

フィールド設定(”bar.” & GetValue ( Get ( トリガターゲットパネル ) ; 1 ))するスクリプトを OnPanelSwitch スクリプトトリガにアサインしたら [ウインドウの再表示] とか要らないんじゃね?」

とやってみたらビンゴ。

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック

関連記事

  1. 「編集(変更)させたくないけどコピーはさせたい」というニーズに対…
  2. Using Utility Scripts | FileMaker Magazine 「編集(変更)させたくないけどコピーはさせたい」場合のD.R.Y…
  3. 基本的に編集不可にしておきながら、スクリプトで編集可能にする手法…
  4. スライドコントロールを動かしたらボタンバーも追随させるテクニック…
  5. Upon Opening Hierarchy Upon Opening Hierarchy を読む
  6. Unlocking Hidden Error Messages in the ExecuteSQL Function ExecuteSQL のエラーメッセージを取得する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

  1. TCD Google Maps 設定画面 2
  2. Upon Opening Hierarchy
  3. Unlocking Hidden Error Messages in the ExecuteSQL Function

おすすめ記事

  1. 基本的に編集不可にしておきながら、スクリプトで編集可能にする手法
  2. WordPress Plugins : TCD Google Maps TCD Google Maps 設定画面 2
  3. Upon Opening Hierarchy を読む Upon Opening Hierarchy
2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP